スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】TFジェネレーションズ ライノックス

今回紹介するのは、TFジェネレーションズよりライノックスです。
ビーストウォーズから10数年、現代風の解釈も加えて生まれ変わった彼の姿を見てゆきましょう!

パッケージ。
Rhinox1.jpgRhinox2.jpg

ビーストモードはサイ。
かなりリアルに造形されています。
Rhinox3.jpgRhinox4.jpg
ライノックス、変身!な~んダナ!!
Rhinox5.jpg

ロボットモード。
Rhinox6.jpgRhinox7.jpg
Rhinox8.jpg

頭部。細かく塗り分けされています。
インシグニアも綺麗に塗装されているのは嬉しいですね。劇中でもこの位置にインシグニアがありました。
Rhinox9.jpg
頭部はボールジョイント。上も向けます。
ただ、襟飾りのせいで、顎を引いた状態ではあまり横を向けません。
Rhinox10.jpg

逆三角形のマッシブなスタイル!かっこ良過ぎで「・・なんダナ」とか言わなさそう。
Rhinox11.jpgRhinox12.jpg
ガトリングガンは2丁付属。劇中では2丁拳銃だったので、これは嬉しい。
銃口も丁寧に塗装されています。
Rhinox13.jpgRhinox14.jpg
ガトリングガンにはスイッチを押すと回転するギミックが。
なお、ビーストモード時にガンは腹部に収納しておけます。
Rhinox15.jpgRhinox16.jpg

オリジナルのライノックス(テレもちゃ版)と比較。
ビーストモード。
ジェネレーションズ版の方が、実際のモチーフをかなりリアルに再現しているのがわかります。
Rhinox17.jpg
ロボットモード。
10数年の技術の蓄積は伊達じゃないなぁ・・。
Rhinox18.jpg
「この後は君にまかせたんダナ。」
「まかせなサイ!」
Rhinox19.jpg

戦い終えて、みんなビーストモードで移動中。
Rhinox20.jpg

ビーストウォーズ・サイバトロン初期レギュラーメンバーと記念撮影。
なかなかいい感じ!
Rhinox21.jpg

というわけで、ジェネレーションズ・ライノックスでした。
まさにライノックスのマスターピース版か!?と思ってしまうくらいの良い出来!
ビーストウォーズ開始から10数年経ちますが、その間の技術の蓄積はやはりすごいなぁと思います。
他のビースト戦士のリメイクもどんどん見てみたくなりますね。
色合いも、ロボモードは特に劇中にかなり近いです。ビースト時は黄金のサイですが^^;
文句無しにお勧めです!
スポンサーサイト

【レビュー】TFロストエイジ オプティマスプライム プレミアムエディション

記念すべき第1回目のレビューは、つい先日発売されたオプティマスプライム・プレミアムエディションを紹介します。
この商品はTF実写映画第4作トランスフォーマー/ロストエイジ」の公開決定を記念してのものです。
第4作からオプティマスのデザインも一新され、そのお披露目的な意味合いのアイテムですね。

BCriGFtiFpBz4_rWfh-hai2MmvoMf4mbTFEzFg9JNlw.jpgnG_8S-r61dRms1epLLdDSLW23O51q9SdX019Ac2tma8.jpgUpcxtZq2i_Nl4fLKwExmnnEP0k2_1Q0Morw8O3C-N4c.jpg
パッケージです。
赤いTRANSFORMERSの文字が目立ちます。その横には大きくオプティマスのイラストが。カッコイイ!
さらにそのイラスト部を開けると、ウインドウから中のフィギュアが見えます。こういう仕様は高級感があって嬉しいですよね。

5ila86BH26gZI8N2wuLBKQ5d9h6lIHt70RO17iWmJ5Y.jpgda6zf_yd8kImRg9lhXBBpYGWmZmv5OcJb1kcH83FT4U.jpg
ビークルモードも一新、前3作より曲線的なラインが際立つボディです。
フロントグリルのメッキがいいです、できればホイールもメッキにして欲しかった・・。

EgAt7MkZG9oDFJdSeiLYI7gon7ss-fzPI1DA6Jo3Fe4.jpgVOheW-3RM24Nhs2DDnnC_YsfaPyCUrdpPN0kK0_xTuo.jpg
フロントパネルとホイールにはオートボットのインシグニア。
ただ、フロント部のインシグニアはメッキコートのためモールドがシャープさを欠いてしまっています。

gw3w2l9A1eVJFLtTnFXYB4FN4LuzpQAAVd6Iu1A7vkY.jpg
ここでいきなり付属武器。大型の剣と楯です。
クリアパーツにシルバーで塗装してあります。

MdEPpz7qlgGAmyE6jgfeymcAdvEmzZvCMCJoV_aKzI4.jpgyG3kTdfv5XLFsCRvXXCBYMdYZADwlngjBp1hlI_wByc.jpg
もちろんビークルモードでも取り付けておけます。

というわけで、トランスフォーム!
D-nCYlUmkEMClBm3Bw9dP0zlw-b7Njc8XO30SQECtJA.jpg
iR9ixAmL8eZ-Ir2eJiAnqPXAJEOMjWF4aaA6afG6C8c.jpg
WC17gBd06xznLAs3pZ2AuDiXPbL_v0g12s8phZ1_Ooc.jpg

x6ss39c0jDXGIn2awYqfAMGHPV4MD-wN35ZHlVuynt4.jpgGvYQA-aMoxFUed53C9byQl7Y1_LmubgmPLOQuHabXoE.jpg
YGCjmGO8GRtALcbxOaNXon7gNwpXI5by_b8qhrnT4mA.jpgUkzHx2g8G6xOZP5S28a4AtKzLbknC5uuM-OFqZgnCSQ.jpg
ロボットモード。
前評判通りのガワ変形です。背中の背負い物がまるで弁慶のよう。

Z6BtOVxEmnroQQT599ivrXNUjSvQJ90RHRL7AlT4_ug.jpgq_GxcrTN7R94BgcjooyInI69aipaGmA6rsANw-5OZ2g.jpg
頭部。
マスクオフです。マスクオフのオプティマスはどうも締まって見えないものも多いですが、これは文句なくイケメン!

tJxafkgiEbIaUetiSdHR1ahVlUqXTGZ8D1PnKGVSc0U.jpg
ePZEy61D-2Q2PcEqvLtbCZ2IZKD5inbCF4kjLGjh4RI.jpg
バストアップ。
メッキが意外といいんじゃない!?
モールドが細かいので、結構見栄えしますよ。
腕は何気に左右でモールドが異なり、左腕には盾を装着できるよう接続穴があります。

bTwhhnGWHpqRs2s968lv0SeORSRFsfIHqv4O_2KooHA.jpg
F5Cb24u5fvQP_ivmitN1odRBMVLMF6tmno73EI5hIf0.jpg
剣と楯を装着して。
20140219000637.jpg
20140219000749.jpg
剣・盾共に大きめなので、持たせてポージングさせるとカッコよさ倍増!
騎士っぽい雰囲気がよく出ています。

1BatgpAqxOL11juanXHqXJKmwnPfSwapssx0UYfoPUg.jpg
というわけで、TFロストエイジ オプティマスプライム プレミアムエディションの紹介でした。
管理人の拙いレビューでどれだけ魅力が伝わったか、実に不安です・・。いや、悪くないッスよこの子!

某巨大通販サイトのレビュー等で酷評されているこの子ですが、
「ガワ変形だから悪い」って訳じゃないと思うんですよね・・。
そのガワも極力コンパクトに畳めるよう工夫の跡が見られますし、脚部のガワの折り畳みなんかは傑作「プライムAM/RIDビーコン」辺りの技術がフィードバックされているように思います。
さらに言うと、ガワ変形にありがちなガワ合わせのストレスも、この子に関しては皆無です。

実写映画TFでリーダークラスのオプティマスといえば、世紀の大傑作ともいえるリベンジ版オプティマスが既にある訳ですが、それと今回のオプティマスを比べるのはやはり酷かなぁと思います。
前3作のオプティマスは、胸部にフロントガラスを配するなどビークルモードの面影が多少なりとも有るデザインでしたが、今回のオプティマスのデザインはパッと見、肩の排気パイプ以外はトラックらしいパーツは見当たらないデザインになってしまっています。これに先ずタカラトミー開発スタッフの方々は頭を抱えた事でしょう。
また、リベンジリダオプは第1作公開後に設計された故、劇中のCGによる変形シークエンスを愚直なまでに玩具に落とし込もうとしたタカラトミー開発スタッフの方々の執念の作品でもあるわけです。単純に開発期間で考えても今回のオプティマスとは比較にならないでしょう。
いち早く新映画オプティマスをお披露目すべく設計されたものですから、極力多くの方に手に取ってもらいたいという思いもあって(あと、ハズブロから「あんまり変形難しくしないでねっ」というオーダーもあったでしょう)、このような形に収まったのではないかと思います。

機会があれば、手にとってみてはいかがでしょう?

ブログ始めてみました。

ブログを始めてみました。
自分の好きなトランスフォーマーの事を書いてみようと思います。

以前からチャレンジはしてみたかったのですが、
先日、とあるTF関連のオフ会でブロガーさんとご一緒させていただいたのが大きなきっかけとなりました。
ブログはされていなくてもツイッターで発信されてる方も結構いらっしゃり、刺激になった次第です。

基本三日坊主な私ですが、どこまで続くか・・。
簡単な商品レビューや雑感、コラムなど、楽しい記事を書けたらなぁと思う次第です、ハイ。

 | HOME | 

プロフィール

TSK

Author:TSK
トランスフォーマー等、玩具を愛するおっさん。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (2)
お知らせ (2)
コラム (4)
レビュー (32)
TF資料館 (1)

これまでの来場者


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。