スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TF資料館】幻の司令官大雪像

IMG_2068.jpg
この白いコンボイはいったい・・・?

実はこれ、第55回旭川冬まつりのメイン大雪像の、準備段階で検討されたデザイン案を模型にしたものです。
こちらの詳細は後ほどお話しするとして、せっかくなので先ずは旭川冬まつりのレポートをさせていただきます!

IMG_0800.jpg
「第55回旭川冬まつり」は、2014年2月6日から11日までの会期で開催され、3年連続でTFとのコラボレーションを行ってきました。
過去2回はTFプライムのオプティマスをモチーフにした大雪像でしたが、今回はTF30周年ということで、モチーフにはG1コンボイが選定されました。
大雪像の高さは何と約20メートル!管理人も今回、冬まつりに行き実物を目の当たりにしましたが、ちょっとしたショッピングセンターくらいの大きさ(いやホント)で迫力満点でした!

この雪像のデザイン・設計は、タカラトミーの監修の下、陸上自衛隊第2師団第2特科連隊本部中隊・准尉の高橋昭さんがご担当されました。
そして製作には、陸上自衛隊第2師団の隊員から成る製作協力隊の方々が担当し、1日当たり約250名で、1月初旬から約1カ月をかけて完成させたそうです。すごい!

ちなみに管理人はもちろん、2月8日に行きました。
そうです、相互リンクいただいている、「ひげひげな、おもちゃの日常」のアルフェスさん主催の「旭川冬まつりオフ会」に、参加させてもらっちゃいました!
(それを今頃記事にするって、遅すぎますよね・・すんません・・)
初めてお会いするアルフェスさんには、気さくに声をかけていただき、TFオフ会初体験の管理人も一気に緊張がほぐれました。
そして何と!現地ガイド役には、先出の大雪像をデザインされた高橋さんが!
高橋さんもTFファン。雪像デザインにはその愛着が伺えて、短時間ではありますが、お話できてとても嬉しかったです。

IMG_0798.jpg
IMG_0836.jpg
大雪像を真横から。
かなり奥行きがあるのがわかると思います。
この反対側には雪で作られた超ロング滑り台があり、お子さん達が長蛇の列を作っていました。楽しそう♪

では、高橋さんの案内でいよいよ大雪像の上部に向かいます!

IMG_0775.jpg
IMG_0776.jpg
大雪像のテラスに登ってみると、そこにはメガトロン様が!
表情が素敵過ぎますねー。
初代アニメ16話「アトランティス浮上!」で見せた、リンカーン像をどけてその椅子に鎮座する印象的なシーンを再現。
このメガ様、雪像とはいえ非常にしっかり作られており、大人がメガ様の膝の上に乗れるほどカッチカチで驚きました!

IMG_0777.jpg
IMG_0774.jpg
そして、メガ様の両脇にはスタースクリームとスカイファイアーの胸像レリーフが。
このペアといい、雪(氷)の中からスカイファイアーが、とか「分かっている」方じゃないと絶対企画・デザインできませんよね!ナイス過ぎます!!

IMG_0782.jpg
さらに上へ。
高橋さんの計らいで、関係者以外立ち入り禁止の最上部まで案内してもらえました!
うひょー、た、高い!!!貴重な経験をさせていただき感謝です!

IMG_0780.jpg
大雪像の背後には石狩川が流れています。

IMG_0781.jpg
中央に見えるプレハブ小屋が、トランスフォーマーミュージアムです。
いやぁー、大雪像ライドに大感動でした!

IMG_0796.jpg
旭川市のゆるキャラ、あさっぴーとTFのコラボキャラ、「あさっぴートランスフォーマー」の雪像。可愛いなぁ。
会場ではあさっぴートランスフォーマーを模したピンバッジも販売されていました。

IMG_0832.jpg
雪で作られた巨大迷路の中には、隠しキャラとしてオプティマスエクスプライムが!


IMG_0826.jpgIMG_0829.jpg
こちらは、TFミュージアム内に展示されていた、大雪像の粘土模型です。
写真が見づらくてごめんなさい・・。
大型建造物同様、精巧な模型を準備して制作されているんですね。

IMG_0828.jpg
コンボイの顔やTF30周年ロゴなど、細かい箇所は拡大した模型を別に用意されています。
大雪像の模型にある、レール状の線は滑り台。いかに長~い滑り台かがお分かりいただけると思います。

IMG_0827.jpg
そして、冒頭の写真のコンボイ雪像の初期試作模型も一緒に展示されていました。

IMG_0825.jpg
こちらはメガトロン様の模型。
そして後ろには見えづらいですが、雪に埋もれたスタスク&ジェットファイアーの模型もあります。このペアの雪像も初期案と完成形では異なるデザインだったようです。

IMG_0830.jpg
昨年の第54回のメイン大雪像の模型。
どの模型もとても精巧に作られており、非常に見応えがありました!

・・・で、ミュージアムのTFの資料は!?
ごめんなさい、写真を撮り忘れてました・・・。
オプティマスエクスプライムの開発デザイン画など初公開のものもあり、こちらもなかなかの見応えでした。



IMG_2083.jpg
話をこの白いコンボイに戻します。
先述の通り、この模型は第55回旭川冬まつりの大雪像のデザインの検討用に、設計者の高橋さんが紙粘土を用いてハンドメイドで制作されたものです。
お忙しい業務の合間を縫って、約2週間をかけて制作されたそうです。
製作時期は昨年の8~9月だそうで、半年以上前から冬まつりの準備はされていたんですね。

そしてこの模型、旭川冬まつりオフ会が縁で設計者の高橋さんとツイッターで繋がらせていただき、今回何と高橋さんのご好意により管理人にお譲りいただけたのです!高橋さん、ありがとうございます!!

IMG_2052.jpgIMG_2054.jpg
IMG_2081.jpgIMG_2080.jpg
IMG_2082.jpg
レリーフ状にデザインされたコンボイ。
レリーフとは言っても、コンボイの胸像を紙粘土で制作し、それを前後真っ二つに切って前方のみを貼り付けたような厚み・ボリュームです!

IMG_2053.jpg
禁断の裏側を大公開!(キャー)
厚紙と布テープでしっかり補強してあります。

IMG_2064.jpg
IMG_2063.jpgIMG_2065.jpg
「私にいい考えがある!」
もう、玄田哲章さんの声が聞こえてきそうなご尊顔!
このシャープな造形、繰り返しますが紙粘土の手作りなんですよ!凄すぎます!!

IMG_2048.jpg
IMG_2066.jpg
IMG_2067.jpg
各部のモールドもしっかり再現!
ため息が出る完成度です。

IMG_2047.jpg
「チュチュスカートは大好きだ!」
TFのデザインって、結構独特だと思うんですよね。
「分かっている」人がデザインしないと、何だかパチもんガンダムみたくなっちゃうと言うか。
TFファンである高橋さんだからこそ、ファンも納得のコンボイがデザインできたのだなぁと思いました。

IMG_2087.jpgIMG_2084.jpg
カッコいいなぁもう・・・("▽"*)
高橋さんもG1コンボイをモチーフに雪像デザインをやってみたいとずっと思われてたそうで、コラボ3回目で念願のG1コンボイだったそうです。
何だかその気合みたいなものも感じ取れます。

IMG_0800.jpg
IMG_2056.jpg
実際の大雪像と比較。
特徴的な台形の形状は、初期から決まっていたことが伺えます。
最終的に壁画タイプのデザインが採用されたのは、プロジェクションマッピングの実施が大きかったようです。
大雪像をスクリーンにするため、フラットな壁画タイプの方が確かに好都合です。
しかし、このレリーフタイプのコンボイ大雪像も見てみたかった!

IMG_2071.jpg
IMG_2072.jpg
この紙粘土模型コンボイのデザインは、MP10コンボイを参考にされているそうです。
という訳で、MP10コンボイと比較。
MPのスタイリッシュさも感じさせつつ、初代アニメのイメージなども織り交ぜて、とても理想的なコンボイに仕上がっていると思います。

IMG_2070.jpg
ちなみに、この紙粘土模型製作の時には、高橋さんのお手元にMP10コンボイは無かったそうで、写真のみを参考に造形されたそうです。
まさに神業!

IMG_2075.jpg
IMG_2077.jpg
IMG_2069.jpg
MP10コンボイ付属のスパイクと記念撮影。
本当の冬まつりみたい!?

IMG_2050.jpg
製作者である高橋さんに、サインを書いていただきました。
高橋さんに改めて感謝申し上げます。大切にします!


IMG_2086.jpg
IMG_0824.jpg
アルフェスさん・高橋さんを囲んで、皆で旭川冬まつりオフ会の集合写真!
本当に楽しい思い出をありがとうございました!!
この雪像模型を手にし、高橋さんを始めとする多くの方々のご尽力により、55回旭川冬まつりは行われたのだなぁと感慨深く思いました。
来年も行けたらいいな。
そして、来年もTFとのコラボをお願いします旭川!!
スポンサーサイト

【レビュー】TFプライム BBTS限定 ダークエネルゴンメガトロン

ババンッ!!!
DEメガトロン1
tagoalさんのサイト、「またーりといくよ。」の200万記念プレゼントキャンペーンの当選品が届きました!

DEメガトロン2
「わくわく・・」「ドキドキ・・」

DEメガトロン3
「・・の、納品書・・・!?」

DEメガトロン4
何と、プレゼントには納品書が添えられていました!
素敵過ぎます!!

DEメガトロン5
そして、頂いた賞品はこちら!
◆ゲーター
◆モルガキャノリー
◆BBTS限定ダークエネルゴンメガトロン(日本未発売)
◆ボットショット・バンブルビー(ジャンプタイプ・日本未発売)
TFは全て未所有品、加えて昔から小型ゼンマイゾイドLOVEなもんですから、もう嬉しい限りです\(^o^)/!
そしてそして、サイトでは伏せられていたシークレットアイテムは、ハンタースタースクリーム!!
上記4点でも十分豪華なのに、何て太っ腹な!おまけってレベルじゃないですよコレは!!

残念ながら当たらなかった皆さまには、管理人のような普段たいして行いも善くない者が当選してしまい、
本当にごめんなさい・・。
そして、繰り返しになりますが、tagoalさん、こんなに沢山頂戴し、本当にありがとうございました!!!
このサイトももしいつか、多くのヒットが得られるようになりましたら、
ささやかなプレゼント企画とかやってみたいなぁと思う次第であります。

感謝の気持ちも込めて、今回はいただいた中から一番の大物、ダークエネルゴンメガトロンをご紹介したいと思います。
最初に申しておきますが、これはかーなーり良いアイテムです!!

DEメガトロン6DEメガトロン7
こちらの商品は、米国の通販サイト「Big Bad Toy Store」(略BBTS)限定のアイテム。
TFプライム商品の、クリアパーツを中心としたリカラーアイテムになります。
限定品ながら、パッケージは新規にデザインされており、フルカラー印刷です。

DEメガトロン8
側面のイラストも玩具に準じたカラーになっていますよ。

DEメガトロン9DEメガトロン10
DEメガトロン11
ビークルモードはエイリアンジェット。
黒に紫と、実にディセプティコンらしいカラーリングが素敵ですね。

DEメガトロン12
付属武器はビークルモードでも勿論マウント可能です。

DEメガトロンエンブレム
エンブレムはディセプティコンに×マークが。

では、祝・トランスフォームっ!!

DEメガトロン13DEメガトロン14
DEメガトロン15DEメガトロン16
か、カッコイイ・・・
黒の魔力ともいいましょうか、ダークヒーロー然とした実にカッコいい配色!
紫が多めですが、ガルバトロンカラーともちょっと違いますよね。
更にクリアパーツが独特の雰囲気を出していて、非常に存在感があります。

DEメガトロン17
光にかざしてみると、更に雰囲気が変わり面白いです。
集光ギミックも効果的に働きます。
この写真の色の感じだと、ビーストメガトロンっぽくも見えますね!

DEメガトロン18
ここで、付属武器の紹介。
海外版のTFプライム(RID版)のボイジャークラスには、日本版のアームズマイクロンと異なり、
パワーライザーウエポンと称される、自動変形&LED発光ギミックが備わった武器が付属します。
写真は、メイン武器であるフュージョンカノンと、もう一点のバトルブレードを合体させた状態。

DEメガトロン19
DEメガトロン20
フュージョンカノンは、レバーを押し込むとブレードが展開してLEDが発光、
更にLEDの発光部が移動する仕組みになっています。

DEメガトロン21
このLEDの発光は、武器そのものを光らせるというより、本体のロボの一部を光らせる効果があります。
ちょうど、エネルギーがチャージされるようなイメージですね。
腕に取り付けて発光させると、発光部が移動するので、エネルギーがみなぎってゆくような感じになります。

DEメガトロン22
そして、背中に取り付ければ、胸部も発光させられます!
結構きれいに光ってくれて、カッコいいですよー。
日本版のアームズマイクロンも楽しいですが、これもまたとても面白いギミックだと思います。

DEメガトロン23
もう一つの武器、バトルブレードは手に持たせることも可能。
メリケンサックのような感じで、なかなか素敵!

DEメガトロン24DEメガトロン25
DEメガトロン26DEメガトロン27
ダークエネルゴンを得たメガトロンのパワーアップ形態と呼ぶに相応しい、凶悪さとカッコよさです。

DEメガトロン28
DEメガトロン29
ここでTFプライム通常版(海外版)、およびビーストハンターズ版シャークティコン・メガトロンと比較。
カラー的にも今回のDEメガトロンは、シャークティコンメガトロンへの進化へ繋がるミッシングリンクともいうべき存在として捉えても面白いのではないでしょうか。

DEメガトロン30
ブラックカラーのカッコ良さ2割増しの法則は、このメガトロンでも健在!

DEメガトロン31
さて、このメガ様に永遠のライバルが居なきゃ淋しかろうと思い、同シリーズのオプティマスも急遽オークションで購入しちゃいました!

DEメガトロン32
このオプティマスのカラーリングも非常に独特で、更に頭部はマスクオフ仕様。
こちらも近日中に紹介できればと思います。

DEメガトロン33
で、ちょっと面白いことを発見しました。
このシリーズでボイジャークラスは、オプティマスとメガトロンの2体のみのリリースです。
そのナンバリングなのですが、メガトロンが001番、オプティマスが002番になっているんです。
この2キャラが同時発売なら、たいてい普通はオプティマスに1番が割り当てられるケースが殆どだと思うんですよね。
そう考えると、このダークエネルゴンシリーズのストーリー展開的には、メガ様が主役ということなのでしょうか?

DEメガトロン34
最後に、一緒に頂いたハンタースタースクリームと記念撮影。
ハンタースタスクは、海外BH版を先行して購入していたので、国内Go!版は未購入だったんですよ!
BH版ハンタースタスクは、今後我が家ではハンタースカイワープに改名!
この組み合わせもいいですね◎

DEメガトロン35
いつもの光景。

DEメガトロン36
という訳で、ダークエネルゴンメガトロンの紹介でした!
カラーリング変更で更に魅力アップ↑はTFではよくありますが、やっぱりブラックカラーはズルイ!
すっかりお気に入りアイテムになりました。
改めてtagoalさんに感謝申し上げます。大切にしますね!!

【レビュー】TFリベンジ オートボットアライアンス バトルブレードオプティマスプライム

当たったーー!!!!!
相互リンクいただいている、tagoalさんの「またーりといくよ。」で先日行われた200万ヒット記念プレゼントキャンペーンに応募したところ、
何と当選しちゃいました\(◎o◎)/!!
こういったプレゼントに当たるなんて、子供の頃にカネボウ(現クラシエフーズ)のゾイドガムの懸賞で
メカ生体のレッドホーンが当選して以来ですよ(どんだけ昔だ・・)。
tagoalさん、本当にありがとうございます!!
賞品はどれも素敵アイテムばかりなので、届きましたらこのブログで後日紹介できればと思っております。

では、今日のレビューに移りましょう♪
今日紹介するのは、2010年に発売のバトルブレードオプティマスプライムです。
映画2作目リベンジ時の商品になりますが、「オートボットアライアンス」といった、映画TFリベンジの外伝的なラインナップです。
このオートボットアライアンスシリーズは、他にもブラジオンやマインドワイプ、スカイストーカーといった傑作玩具が揃ったラインナップで、この新規ボイジャークラスのバトルブレードオプティマスも非常に出来の良いアイテムです。
なお、いよいよ来月発売の新映画のメインラインナップ、ムービーアドバンスドシリーズでは、塗装強化されて再版されるようですね。
というわけで、隕石オプティマスに続くおさらいレビューという事で。

BBOP01.jpgBBOP02.jpg
BBOP03.jpgBBOP04.jpg
BBOP05.jpg
BBOP06.jpgBBOP07.jpg
ビークルモードは、もうお馴染みのピータービルト・379トレーラートラック。
小さいながらもモールドが細かく刻まれています。
写真では分かりにくいですが、フロントグリルのインシグニアもしっかり刻まれていますよ。
グレーの成形色がシルバー塗装だったら、一層映えそうですね。その辺りは来月発売の再版版に期待してもいいかも?
BBOP08.jpg
ファイヤーパーターンも抜かりなし!グラデーションが綺麗ですねー。

では、トランスフォーーム!

BBOP09.jpgBBOP10.jpg
BBOP11.jpgBBOP12.jpg
はい、本商品はあの傑作、リベンジ・リーダークラスオプティマスの縮小版とも言えるアイテムです。
一部簡略化や解釈の違う個所はあるものの、パーツ配置や変形方法はリベンジリーダーオプティマスとほぼ同じ。
そのため、3部作それぞれで発売されたボイジャークラスのオプティマスと比較しても、一番スタイルが良いです。

BBOP13.jpg
胸部も細かなパーツがびっしり。
ここまで細かいパーツの多いボイジャークラス玩具はなかなか無いのではないでしょうか。

BBOP14.jpgBBOP15.jpg
可動はまずまず。
腕はブレードの干渉であまり肘を動かせません。これはリベンジリダオプも同じでしたね。
あと、脚部の付け根を大きく動かずと、腰部のヒンジが干渉して外れます・・。ここのクリアランスは残念。

BBOP16.jpg
ギミックその1。
胸部を展開すると、マトリクスが!
マトリクスは取り外し可能です。
映画オプティマス玩具では、唯一のマトリクス持ちです。

BBOP17.jpgBBOP18.jpg
ギミックその2。
フックブレード展開!
海外版は通常のブレードでしたが、国内版はオリジナルでフックブレードを装備。
ちなみに今度発売の再版版は、通常のブレードになっているようですね。

BBOP19.jpgBBOP20.jpg
「お前の顔を剥いでやる!!」

BBOP21.jpg
ギミックその3。
ビークル時のタンクは取り外して銃に変形!
左右2個付いています。

BBOP22.jpg
BBOP23.jpgBBOP24.jpg
「撃つべし!!」

BBOP25.jpgBBOP26.jpg
銃2つを強引に1つに合体してみました。

BBOP27.jpg
BBOP28.jpg
BBOP29.jpg
さて、元となったリベンジ・リーダーオプティマスと比較。
まさに親子メカ!パーツ配置が全く同じです。
リベンジ・リーダーオプティマスの出来は、今見てもすごいですね。発売はもう5年前なんですよね・・。

BBOP30.jpg
どちらも捨てがたい魅力がありますね!

BBOP31.jpg
という訳で、バトルブレードオプティマスプライムのレビューでした!
ボイジャークラスとしては変形の難易度は比較的高めですが、劇中のスタイル再現度なら間違いなく(ボイジャークラス中では)1番ではないかと思います。
手応えのある変形を望む方なら、リベンジリーダーオプティマス同様に十分満足できると思いますよ。
あと、何気にギミックも多いのが嬉しいですね。武器も2種装備していますし。
来月再販されますので、もしお持ちでなければお勧めですよ!!

 | HOME | 

プロフィール

Author:TSK
トランスフォーマー等、玩具を愛するおっさん。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (2)
お知らせ (2)
コラム (4)
レビュー (32)
TF資料館 (1)

これまでの来場者


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。