スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】TFジェネレーションズ(海外版)ホワール&スプリンガー

今日はTFジェネレーションズ(海外版)より、スプリンガーとホワールをご紹介します。
TFクラウド第3弾(の素体)コンビですね。
既に各サイト様でレビューされているブツですので、2体まとめてサラッといきますね~。
クラウド第3弾の購入の参考になれば良いのですが・・。

先ずはホワールから。
つい先日、TFレジェンズのラインナップとして国内販売が正式にアナウンスされましたね!

Springer&Whirl (1)Springer&Whirl (2)
パッケージ。
ホワールは元々、タカトクトイズより発売された「特装機兵ドルバック」のオベロンガゼットをTFとして仕様変更して、1985年に海外で発売されたキャラクターです。
そして本商品は、それのリメイク作となります。
なお、エンブレム等は印刷されず、シールが付属する格好になっていますので、図らずもオベロンガゼットのリメイク玩具としても楽しめるようになっています。

Springer&Whirl (3)
ビークルモード。

Springer&Whirl (4)
今回、記事作りの為に改めてTFジェネレーション等の資料を見たのですが、ビークルモードでもかなりG1トイ(オベロンガゼット)の再現度が高いです!

Springer&Whirl (5)
後ろから。

Springer&Whirl (6)
コクピットは開閉可能です。

Springer&Whirl (7)
付属の武器は4種類。

Springer&Whirl (8)
5ミリジョイントの他に、C型ジョイントでも各所に固定可能です。
久しぶりのCジョイント!設計は三宅さんでしょうかね?

Springer&Whirl (9)
続いて、Heloped(ヘロプド?)モード。
アバターのAMPスーツのような、パワードスーツモードとも言うべき形態。

Springer&Whirl (10)
まぁ、早い話がガウォークモードですね。

Springer&Whirl (11)
後ろから。
機尾部は前方に折り畳まれています。

Springer&Whirl (12)
なお、パッケージ裏では腕が展開していない状態で紹介されています。

Springer&Whirl (13)
そして今回、TFクラウド・ショックウェーブで新たに追加された砲台モード!
こんなトランスプレイがあったとは!
ビーストウォーズ・アパッチ(バブーム)のアタックモードみたいな感じでしょうか。

Springer&Whirl (14)
G1ショックウェーブはレーザーガンに変形するので、この形態もアリですね。

ではホワール、トランスフォーム!

Springer&Whirl (15)Springer&Whirl (16)
TFとしては異型のロボットモード。
モノアイにクリップアームの手、脚部の逆間接と、インパクトのあるデザイン。
実に「TFらしくないTF」!

Springer&Whirl (17)
可動は良好ですが、肩関節がちょっと独特です。

Springer&Whirl (18)
あと、膝関節が異常に固いです!
まぁ、TFでは良くある事ですね・・。

Springer&Whirl (19)
Springer&Whirl (20)
異型のスタイルが、何ともミステリアスで素敵!
今後ロードバスターも出ますし、更にはスカイファイヤーもリーダークラスで再リメイクされて発売されますので、揃った頃にはタカトク祭が楽しめそうですね!!


続いて、スプリンガー(海外版)のご紹介です!

Springer&Whirl (21)Springer&Whirl (22)
パッケージ。
イラストはやたらスマートですね。

Springer&Whirl (23)
一つ目のビークルモード、ヘリコプターモードです。

Springer&Whirl (24)
ローターのみ、差し替え変形になります。
これに関しては、旧玩具もそうでしたので全然OK!

Springer&Whirl (25)
もう一つのビークルモード時のタイヤも、うまく隠していますね。

Springer&Whirl (26)
後輪を裏返した部分にテイルローターのモールドがあったりと、実に考えられていると思います。

Springer&Whirl (27)
武器を取り付けて。

Springer&Whirl (28)
クラウド第3弾は、奇しくもヘリ対決になりましたね!
この辺も、実は狙っているのでしょうか・・?

Springer&Whirl (29)
二つ目のビークルモードは、装甲車モード。

Springer&Whirl (30)
三段変形するとは思えない、キレイなカーモード!

Springer&Whirl (31)
ヘリモード時の尾翼は、カーモードではリアウイングになります。
この見立ても巧いなぁ・・。

Springer&Whirl (32)
横から。
うーん、纏まり具合が凄い。

Springer&Whirl (33)
単体で見ても、カッコいいカーモードだと思います!

Springer&Whirl (34)
ヘリ時のローターは折り畳んで底面に収納可能です。

ではスプリンガー、トランスフォーーッム!!

Springer&Whirl (35)Springer&Whirl (36)
かなりスタイリッシュなロボットモード。
ヒロイックで、惚れ惚れするスタイル。顔もイケメン!
ちなみに、肩の後ろの装甲板をクラウドロディマスはウィングに見立てた辺りは、ニヤリとさせられてしまいました!

Springer&Whirl (37)
ヘリのローターは、折り畳んで剣になります(おっと、剣が見切れてますね・・)。
これは旧玩具でも同様のギミックでしたが、剣がクルクル回らないように固定できたりと、しっかり工夫されています。

Springer&Whirl (38)
銃にはミサイル発射機能。
レバー操作で発射するのですが、2発が同時に発射されるのではなく、「ポンッ、ポンッ」と時間差で発射されるようになっています。

Springer&Whirl (39)
本当にカッコイイ・・。
何度も言いますがコイツ、三段変形するんですよ!

Springer&Whirl (40)
ホワール(クラウド・ショックウェーブ)に負けじと、スプリンガーも砲台モードに!
これで四段変形だ!

Springer&Whirl (41)
Springer&Whirl (42)
意外とそれっぽく見えるから不思議。

Springer&Whirl (43)
砲台対決だ!!

Springer&Whirl (44)
Springer&Whirl (45)
以上、TFジェネレーションズより、海外版ホワールとスプリンガーのご紹介でした!

まずホワールですが、先にも書いた通り、デザインなどTFらしくなく、その為インパクトは抜群です。
ただ、らしくないのはデザインだけで、変形の見事さや隙の無い設計などは、いつものTFといった感じでとても楽しめます。
国内版の発売があるのか正直不安でしたが、先頃正式に国内販売が発表されましたし、カラーリングも一部見直されていますので、国内版の発売を待って購入しても良いかと思います。
ですので、クラウド・ショックウェーブも十分楽しめると思いますよ!

続いてスプリンガーですが、もう、文句の付けようが無い完成度。
その完成度を裏付けるように、昨年発売されたTFの中で、これをベストに挙げる方は実際多いようです。
三段変形でありながら全てのモードとも綺麗に纏まっていて、多段変形TFの今後の可能性を感じさせる快作です!
お持ちでない方は、海外版はまだ入手可能ですので是非!!
キャラのハマり具合もなかなかですので、管理人的にはクラウドシリーズの中では、ロディマスは今までで一番楽しみです。

という訳で、両方ともお勧めです!
スポンサーサイト

Comment

[32] No Title

こんにちは、初コメ失礼します。
時々見かけてましたが今回のスプリンガー(スプラング)で4段変形をこなすと見かけたので…。

このスプリンガー型、ちょっと工夫すれば強襲形態、いわゆるガウォーク形態に出来ますよ(笑)
いまだに他のレビュアーさんも挑戦してないのでオススメですよ←どういう意味

[34] Re: コメントありがとうございます!

>Novaさん
コメントありがとうございます!更新全然できずゴメンナサイ・・。
なるほど、確かにガウォーク形態出来ますね~!多段変形TFはこういったトランスプレイがホント、楽しいですよね◎

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://tf2010.blog.fc2.com/tb.php/28-6cb054aa

«  | HOME |  »

プロフィール

TSK

Author:TSK
トランスフォーマー等、玩具を愛するおっさん。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (2)
お知らせ (2)
コラム (4)
レビュー (32)
TF資料館 (1)

これまでの来場者


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。