スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TFユナイトウォリアーズ ガーディアン

大変ご無沙汰してしまい、すみませんでした・・。
なかなか公私共に忙しく、ブログの方は更新できずにいましたが、相変わらずTFで遊んでいますよ~。
どうぞ今年もよろしくお願いします!

さて、今回のレビューはユナイトウォリアーズ第3弾、ガーディアンのご紹介です。
IMG_7721.jpg
海外版との比較においては、以前と同様に左側が海外版、右側が国内版ですので、ぜひチェックしてみて下さいね。

UWガーディアン (1)
パッケージ。
UWシリーズはこのボックスアートも楽しみの一つですね。
プラモのパッケ絵みたいで、大好きです!

UWガーディアン (2)
パッケージ裏側。

UWガーディアン (3)
ボックスはスペリオン・メナゾール同様にウインドウ式。

UWガーディアン (4)
こういうのを見ると、やっぱりセット箱って憧れだよなぁ・・と感じてしまいます。


ではプロテクトボット、メンバー紹介をば。
先ずはホットスポット。
UWガーディアン (5)
ビークルモードはお馴染み青い救急車。

UWガーディアン (6)
梯子は角度をつける事が可能です。

UWガーディアン (7)
ホットスポット・ロボットモード。

UWガーディアン (8)
付属の武器を持って。

UWガーディアン (9)

UWガーディアン (10)
ホットスポット・合体モード。

UWガーディアン (11)
合体モードを後ろから。

UWガーディアン (12)
海外版との比較。
先ず成型色がより鮮やかなスカイブルーになっています。

UWガーディアン (13)
こうして見ると、多くの部分の塗装が見直されています。
先に発売のUWガーディアン同様に、タイヤのホイールのシルバー塗装が効果的ですね。
あと、サイドウィンドウの塗装追加もナイスです。

UWガーディアン (14)
UWガーディアン (15)
ロボットモード、そして合体モードで。
海外版は斜め格子状のモールドを際立たせるよう塗装されていますが、国内版の塗装はアニメ作画を基にしているため、斜め格子は無視した配色になっています。せっかくモールドがあるのに、それはそれで勿体無い気もしますよね・・。


お次はグレイズ。
UWガーディアン (16)
ビークルモードは救助ヘリ。
海外版の紹介でも述べましたが、救助ヘリなのでサイド部(ロボ腕部)はミサイルにしないで欲しかったなぁ・・。

UWガーディアン (17)
グレイズ・ロボットモード。
海外展開のコンバイナーウォーズ版ではエアーボットの新メンバーとしてDXクラスwave1で発売されたアルファブラボーの頭部リデコですが、国内でのこの型のリリースは初めて。

UWガーディアン (18)
付属の武器を持って。

UWガーディアン (19)

UWガーディアン (20)
グレイズ・合体(腕・脚)モード。

UWガーディアン (21)
海外版と比較。
国内版はミサイルの先端を塗っているのが芸コマ。
海外版は赤地に白ラインですが、国内版は旧玩具同様に赤白ツートンカラーにしているんですよね。

UWガーディアン (22)
ロボットモードでも比較。
成型色の違いこそあれ、こちらは印象はそんなに変わらないかな。


続いでファーストエイド。
UWガーディアン (23)
ロボットモードは救急車。
ドア部の丸に三角のマークは、旧玩具にもありました。
ところで、このマークってなんなんでしょうね?武田薬品?(ンナコタァナイ)

UWガーディアン (24)
ファーストエイド・ロボットモード。
こちらも海外展開のコンバイナーウォーズ版ではスタントロンの新メンバーとしてDXクラスwave2で発売されたオフロードのリデコですが、国内でこの型のリリースも今回初めて。
ちなみにオフロードは、国内版UWでは成型色・塗装を変えてグランドガルバトロンのゾンビウォーブレークダウンとして今後リリース予定ですね。

UWガーディアン (25)
付属の武器を持って。

UWガーディアン (26)

UWガーディアン (27)
ファーストエイド・合体(腕・脚)モード。

UWガーディアン (28)
海外版と比較。
国内版は赤ラインは控えめ。
そしてやはり国内版タイヤホイル塗装が。

UWガーディアン (29)
ロボットモードも比較。
国内版は膝下の塗装が何というか、おしゃれなんですよね~。スリット部の銀塗装とサイバトロンマークが素敵。
ちなみに旧玩具も左足下にサイバトロンマークがあるんですよね。もうこだわり過ぎ!


続いてはストリートワイズ。
UWガーディアン (30)
ビークルモードはパトカー。

UWガーディアン (31)
ストリートワイズ・ロボットモード。
こちらもスタントロン・デッドエンドのリデコ。

UWガーディアン (32)
付属の武器を持って。

UWガーディアン (33)

UWガーディアン (34)
ストリートワイズ・合体(腕・脚)モード。

UWガーディアン (35)
海外版と比較。
全体的な塗装はもちろんなのですが、成型色が白からライトグレーに変更されており、国内版はぐっとクールなイメージになりました。
ファーストエイドの救急車、及びこの後ご紹介するグルーブの白バイと、白を基本カラーとしたビークルが重なるので、並べた際に印象が単調にならないようグレー寄りの成型色にしたのは正解だと思います!

UWガーディアン (36)
ロボットモードでも比較。
色のせいか、国内版はより引き締まった感じを受けますね。


そして、このUWガーディアン一番の目玉アイテム、グルーブ!
UWガーディアン (37)
ビークルモードはもちろん白バイ。
風防やライト等、ふんだんにクリアパーツが使用され、今までのCW/UWには無かった仕様になっています。
そういった仕様でありながら、他と並べても浮くことは無いあたりが、絶妙な匙加減じゃないでしょうか。

UWガーディアン (38)
グルーブ:「装甲車?冗談は顔だけにしろよオイ」

UWガーディアン (39)
グルーブ・ロボットモード。
完全新規のDXクラスのグルーブ。
これを待っていたというファンの方も多いのではないでしょうか!もちろん管理人もその一人です!

UWガーディアン (40)
クリアパーツ使用のため、眼はちゃんと集光ギミックが。(写真では伝わりにくいですが)結構光ります!

UWガーディアン (41)
付属の武器を持って。

UWガーディアン (42)
パトランプ付きの銃がカッコイイです!

UWガーディアン (43)
グルーブ・合体(腕・脚)モード。

UWガーディアン (44)
ではここで、海外版レジェンズクラスのグルーブと比較。
やはり大きさが・・。

UWガーディアン (45)
親子ほどの身長差。
手足などの主なパーツ配置はちょっと似ています。


UWガーディアン (46-1)
UWガーディアン (46-2)
UWプロテクトボット、集合!

IMG_8200.jpg
全体で海外CW版と比較。
G1プロテクトボットのリメイクとしては、やはり国内UW版のオリジナルメンバーの方が嬉しいですよね。

ではプロテクトボット、ガーディアンに合体だ!!

UWガーディアン (47)
ユナイトウォリアーズ版・ガーディアン。
右脚も白バイになり、これぞ決定版と言える仕上がりです!

UWガーディアン (48)
後ろから。
UWメナゾールもそうでしたが、ホイール塗装追加により、ホットスポットのタイヤの存在感がなかなかです。

UWガーディアン (49)
可動も合体ロボとしては十分な内容。

UWガーディアン (50)
ただ、海外版もそうでしたが、脚のポージングの際にホットスポットの内太もも側のロックが外れ易いのが難点でしょうか。

UWガーディアン (51)
パッケージアートっぽく。

UWガーディアン (52)
ホットスポットの銃を合体させて、大型のライフルに。

UWガーディアン (53)
このガーディアンは眼が大門サングラスっぽいもんですから、また銃が似合うんですよね。

UWガーディアン (54)
「自分はサイバトロン署のガーディアンだ!」

UWガーディアン (55)
動くなよ、弾が外れるから!

UWガーディアン (56)
脚部の接地性は構造上どうしてもイマイチなので、少し派手なポージングは(自立させるには)バランス取りが難しいのですが、カッコいいので時間を忘れてしまいます!

UWガーディアン (57)
ライフルを分離して2兆拳銃に。
ちょっと小さすぎますね。

UWガーディアン (58)
合体形態で海外版と比較。
右脚はともかく、胸部アーマーの配色の違いがいちばん目に付きますね。
海外版は玩具準拠でシルバーと赤の斜め格子が特徴的ですが、国内版はアニメ作画準拠ゆえ、胸部アーマーの下部はボディカラーと同じブルーになっています。

UWガーディアン (59)
更に海外版はレジェンズクラス・グルーブ、国内版は同型のTAV26オーバーライドを胸部に。
海外版グルーブはともかく、国内版は大小バイク2台も合体するというカオスな状況に・・。
UWガーディアンに関しては、もうそれだけで完成しているので、オーバーライドの胸部合体は(個人的には)要らないなぁと。

UWガーディアン (60)
以上、ユナイトウォリアーズ・ガーディアンのレビューでした!

塗装の見直しはもちろんですが、何より今回、新規でDXクラス・グルーブを投入するという英断に踏み切ったタカラトミーTFチームに大きな拍手を送りたいではありませんか。
販路をタカラトミーモール限定で受注生産にしたのも、これはどれだけ売れるかを極力正確に把握したかった、つまり新規金型を起こして作ってきちんとペイするか判断する為だったのではないかと(TF開発チームの幸氏もツイッターで「今後のUWシリーズの方向性がガーディアンの売れ行きで決まる」的な発言をされていました)。
タカトミTFチームにとってもグルーブの新規製作は一種の賭けだった訳で、そして6月発売予定のUWブルーティカスで同様にブラストオフが新規金型で制作できる(しかも販路は一般販売)という事は、賭けに勝った、つまりUWガーディアンがファンに評価されある程度売れたということだったのではないでしょうか。

今後のユナイトウォリアーズシリーズは今月末にコンボイグランドプライム、4月にグランドガルバトロンとちょっと変化球が続きますが、6月のブルーティカスの後はどうかコンピューティコン、そしてあわよくばオボミナスもお願いしますタカラトミー!
海外展開のコンバイナーウォーズは、通常ラインは2016年wave2のスカイレイン(スカイリンクスをコアとした合体ロボ)で終了のようですが、国内展開はまだまだ続けてほしいところですね。今後もUWシリーズ、応援していきましょう!!
スポンサーサイト

Comment

[33]

ミサイルを武器として持っていたのがグレイズだったので腕はそのままでいいです。

[35] Re: コメントありがとうございます!

>ライデンデバスターさん
はっ、確かにG1グレイズの武器はロケットランチャーですよね。
なるほど、ミサイルでも良い気がしてきました!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://tf2010.blog.fc2.com/tb.php/54-990faaaa

 | HOME |  »

プロフィール

TSK

Author:TSK
トランスフォーマー等、玩具を愛するおっさん。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (2)
お知らせ (2)
コラム (4)
レビュー (32)
TF資料館 (1)

これまでの来場者


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。