スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レビュー】TF MOVIE1 プロトフォームオプティマスプライム

今日は、2007年映画1作目公開時のトイ、プロとフォームオプティマスプライムをご紹介します。
5月にはこれのリペイント版がTF4玩具として再版されるようですので、そのおさらいレビューという事で。

POP01.jpgPOP02.jpg
パッケージ。
トランスフォーマーでありながら、いかにもアメトイっぽいブリスターパック。
これが初めて国内の玩具店にずらっと並んだ時には、やはり興奮を覚えましたねー(遠い目)
海外版と同様のパッケージに、日本語のシールが貼られています。

POP03.jpgPOP04.jpg
POP05.jpgPOP06.jpg
エントリーモード。隕石あるいは彗星をイメージさせます。
今までTFの映像作品では、おおむね宇宙船に乗って地球(や他の惑星)にやってきた、というのがほとんどでしたので、この解釈は当時面白いなぁと思いました。

POP07.jpgPOP08.jpg
下部には車輪が付いており、転がし遊びが可能。
ただし、表に出ているタイヤのような黒い部分はモールドのみで、ダミーです。

POP09.jpgPOP10.jpg
ここで付属品の紹介。
銃とエフェクトパーツです。
銃を展開し、エフェクトパーツを銃口に取り付けることにより、銃の発砲をイメージさせます。
ちなみにこのエフェクトパーツは本当に取り付けるのみで、銃にミサイル発射機能はありません。

POP11.jpgPOP12.jpg
POP13.jpg
そして、エフェクトパーツは隕石モードでは、後部に銃の時とは逆方向に取り付けて、彗星の尾のような演出をします。
これは上手い!
銃ももちろん内部に収納可能。

では、トランスフォーム!

POP14.jpgPOP15.jpg
POP16.jpgPOP17.jpg
地球のビークルをスキャンする以前のオプティマスの姿です。
ロボットでありながら生命体であるという事を匂わせる、秀逸なデザインだと思います。
この形態だけ見たら、まず変形するとは思えませんよね。

IMG_1416.jpg
「歯の妖精さん!」
ちなみに、映像中のスキャン前のオプティマスはこんな感じです。
再現度としてはまずまずですかね・・。

POP18.jpgPOP19.jpg
頭部~胸部。
写真がピンボケでごめんなさい・・。
集光ギミックがあります。
胸部の窓のようなデザインなど、スキャン後との共通点を探してみると面白いです。

POP20.jpgPOP21.jpg
POP22.jpg
可動は十分。干渉するパーツがほとんど無いので、良く動きます。

POP23.jpgPOP24.jpg
ジョバァァー!
銃のエフェクトパーツが結構シュール。

POP25.jpg
POP26.jpg
スキャン前とスキャン後。
大きさが比較的近いDOTM版DXオプティマス(こちらはTFクロニクル総司令官セットに入っているもの)と比較。
ロボモードの背丈もいい感じ、ビークルモードでも質量があまり変わらなさそうですね。

POP27.jpg
以上、TF MOVIE プロトフォームオプティマスプライムの紹介でした!
ロボットモードはアクションフィギュアと見紛うほどのカッコ良さ、それでいて隕石モードも纏まっており、結構良アイテムですよこれは。
かく言う私も当時はスルーしていたのですが、先日未開封品を安価で購入できたので、手にしてみました。
実在のモチーフではなく、いわゆるSFビークルものに変形するTFはどうしても評価が分かれるところではありますが、なかなか遊んで面白いトイです。あっ、ミクロマンの流星ロボのリメイクとして見てもいいかも!?
5月発売のG1カラー版もカッコ好さそうですが、劇中再現度重視なら、この2007年版を探してみてもいいと思います。いまだに安価で手に入ると思われますし・・。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://tf2010.blog.fc2.com/tb.php/7-1e16281a

«  | HOME |  »

プロフィール

TSK

Author:TSK
トランスフォーマー等、玩具を愛するおっさん。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (2)
お知らせ (2)
コラム (4)
レビュー (32)
TF資料館 (1)

これまでの来場者


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。